製造設備

射出成形機

射出成形機一覧

50t~180tクラスの電動射出成形機を有しており 大小さまざまな製品を作成することが可能となっております。 各機種にはサーボトラバース取出機を設置しています。 チャック・バキューム・吸着・バルーンチャック・ゲート処理など 製品に応じて最適な取出方法・回収方法を選択することができます。
成形機:SE100EVA 成形機:α-S100iA 成形機:NEX80-Ⅳ 取出機:YC-150 取出アタッチメント 製品回収
メーカー機種名型締力台数
FANUCα-50C50t2
S-2000i-50A50t1
α-100C100t1
S-2000i-100A100t1
α-S100iA100t1
SumitomoSE50S50t1
SE50D50t1
SE75S75t1
SE75D75t2
SE75DUZ75t2
SE75EV75t1
SE75EVA75t1
SE100DUZ100t1
SE100EVA100t1
SE130D130t1
SE130DU130t1
SE180DU180t2
NISSEIPN6060t1
FNX8080t1
NEX80-Ⅳ80t1
JSWJ80ADS80t1

付帯設備など

全機種付帯設備
製品取出機(サーボトラバース)・温調機(水・油)・乾燥機(熱風式・除湿式)
付帯設備
箱型予備乾燥機・移動式チラー・コンベア・ストッカー・ゲートカット機・インライン自動機など
その他機能
製品途中取出・ネジ抜き・ゲート処理(外部ニッパー・ヘッド内ニッパー)など

その他設備

サーボトラバース・ストックシステム

外観を重視する製品は、成形機からの製品取出・回収方法も重要な要素となります。
サーボトラバース取出機+段積み整列ストッカーを導入することにより、ロボットアームで取り出した製品を自動で回収トレイに並べ、製品に触れることなく次工程へ受け渡します。
製品回収をオートメーション化することによりクリーンルーム内では人の介入を減らす役割を担っています。

製品整列 ストッカー


サンドブラスター

製品への異物混入を防ぐために加熱シリンダー(スクリュー)の洗浄は欠かせない作業となります。
社内で効率よく分解洗浄出来るようサンドブラストを導入しています。
ブラスト材には樹脂を使用しているためスクリューへのダメージもありません。

スクリュー サンドブラスト


空冷式リペレッター

粉砕材料の再生利用はコスト面で優れる反面、ペレット粒度のばらつきが原因となり精密な製品では重量のばらつき等の悪影響につながる可能性があります。
空冷式リペレッターを導入することによりペレット粒度の均一化を図り、安定した再生材の利用を行っています。
一例として、導入により以前は廃棄処分していたスプルーランナーをリサイクルすることが可能となり年間1200㎏のプラスチック使用量を削減しました。

再生樹脂 リペレッタ


工場内の温度管理

成形工場内は全棟空調管理されています。また給水配管はチラーユニットにて供給しています。
一定の温度に管理された環境を整えることによりバラツキのない安定した生産が可能となっております。

クリーンルーム

検査ルーム・成形ルーム

クラス10000の清浄度を維持する検査室では製品の検査・梱包(袋詰)・組立(アッセンブリ)作業を行います。
クラス100000を維持する成形室では数十万個単位の製品から数千単位の製品まで幅広い生産体制を整え、様々なニーズに応じクリーンで高品質な製品づくりをサポートします。

検査室 成形室


前室・エアーシャワー

前室では粘着テープにて衣類に付着した毛髪等を除去します。
8個のパンカーから吹き出しされるクリーンエアーで全身の塵埃を除去します。

前室 エアーシャワー


パスルーム・防虫グリーンシート

検査・成形室内の清浄度を保つため、製品・資材の搬入出は専用のパスルームを利用します。
飛翔性の虫に対して高い侵入防止率を発揮するグリーンシートの導入により、室内の衛生環境を保ちます。

パスルーム 門番


クリーンパッケージ・クリーンブース

検査室内にはHEPAフィルターを通して清浄化された外気を導入、空気清浄機で循環させて室内を陽圧に保っています。
各検査室にはクリーンブースを導入しています。クリーンブースにはイオナイザーブローガンを設置しており高い美観や品質が求められる製品のエアブロー洗浄も可能です。

クリーンパッケージ クリーンブース


配管レス・コーナーR幅木

検査室内は微粒ゴミが堆積しないように配管レスになっています。
壁際はゴミが溜まりにくく日々の掃除がしやすいようにR加工された幅木を導入しています。

検査室 幅木


品質管理

測定管理

デジタルノギスやピンゲージ等で測定できない複雑な形状や微細な箇所でも測定できる測定顕微鏡を導入しています。 ノギス等の測定工具と違い測定者による測定誤差が少ないのも特徴です。

測定顕微鏡 測定工具


外観検査

各外観検査台には拡大鏡を設置しています。
検査対象や不良モードが見やすい色のシートを数種類用意し、製品毎に使い分けて作業を行います。
検査時は検査基準書を用意し、不良箇所や限度がいつでも確認できる様にしています。
検査記録は全て記録され保管されています。

検査シート 作業台


輸送体制

貨物車・フォークリフト

レジアスエース・トラック(軽トラ・1.5t・2t・4tウイング車)保有
納品はもちろん金型・材料・資材の移動を含め、自社便でのきめ細やかな対応が可能です。

トラック フォークリフト